So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

国会会期延長問題 仙谷、亀井会談は不発 国対委員長会談も平行線(産経新聞)

 仙谷由人官房長官は10日午前、都内で国民新党の亀井静香郵政改革・金融相と会談し、今国会は延長せず、16日に閉会したいとの菅直人首相の意向を伝えた。調整は付かず、仙谷氏は会談後、「これからどういうように両党で調整していただくかを話した。これからだ」と述べるにとどめた。

 これに先立ち、民主党の樽床伸二国対委員長と、国民新党の下地幹郎国対委員長は10日朝、国会近くのホテルで会談した。

 樽床氏は参院側に会期延長に慎重論が高まっていることを改めて説明した。その上で「延長したとしても郵政法案を通すには強行採決は2回では済まなくなる」と指摘、今国会は16日で閉会し、郵政法案を「秋の臨時国会で最優先で成立させることでどうか」と提案した。

 これに対し下地氏は「連立合意でサインしたはずだ」と反発。「亀井(静香国民党党首)さんは本気だ。連立を離脱するぞ」と述べ、会談は平行線のまま終わった。

 首相は今国会の会期を延長せず、16日に閉会する方針を固めている。これに対し、連立与党の国民新党は郵政改革法案の今国会での成立を求め、会期延長を要求。連立離脱も辞さない構えを強めている。  

【関連記事】
どうなる郵政法案 国会会期・参院選日程に翻弄
郵政改革廃案? 溝深まる2人
「ボロでないうちに選挙だ」政府内で会期延長不要論高まる
郵政労組が法案成立へ“圧力” 亀井氏と歩調、菅首相は板挟み
亀井氏、郵政法案先送り論牽制 「公党間の約束から逃げるなら立候補の資格なし」
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

北海道で震度3(時事通信)
口蹄疫 宮崎県都城市で牛3頭が「疑い」 同市では初(毎日新聞)
鳩山前首相が首相特使で訪中 上海万博へ(産経新聞)
全員参加か 抽出か 学テ再検討会議が初会合(産経新聞)
公開領収書に漫画やマッサージ費=荒井戦略相の事務所費(時事通信)

民主党幹事長に枝野氏、官房長官に仙谷氏(読売新聞)

 新首相に就任する菅直人財務相は4日、内閣・民主党役員人事に着手した。

 官房長官・副総理に仙谷由人国家戦略相、党幹事長に枝野幸男行政刷新相を起用する方向だ。菅氏の後任の財務相には野田佳彦財務副大臣を昇格させ、仙谷氏の後任の国家戦略相には荒井聰首相補佐官を充てる。罷免された社民党の福島党首が務めていた消費者相には、蓮舫参院議員を起用する考えだ。

 菅氏は4日中に組閣を終え、7日に国会で初めての所信表明演説に臨む考えだ。一連の人事のほかは、鳩山政権の閣僚を基本的に再任し、9月の民主党代表選後に本格的な内閣改造を行う意向だ。

 今回の人事では、小沢幹事長と距離を置く仙谷、枝野両氏を官房長官と幹事長に起用することで、小沢氏の影響力を弱め、「政治とカネ」の問題に決別する姿勢を明確にする考えだ。これに対し、党内最大勢力の小沢グループが反発する可能性がある。このほか、衆院枠の松野頼久官房副長官を交代させ、古川元久内閣府副大臣を起用する方針だ。参院枠の松井孝治副長官、官僚出身の滝野欣弥副長官は再任する方向で調整している。

暴力団観戦、理事会で処分検討開始…相撲協会(読売新聞)
信号機故障、阪神電車ダイヤ乱れる(産経新聞)
ネットと街頭演説の連動 ツイッターは避ける(産経新聞)
辻元・国交副大臣、辞表提出へ…福島党首見通し(読売新聞)
「酪酸は無害と説明を受けた」公判で元船長(読売新聞)

小型三輪「ミゼット」、赤いボディーで防火PR(読売新聞)

 高度成長期に活躍したダイハツの小型三輪自動車「ミゼット」が、姫路市兼田の日本工科専門学校の学生の手で防火PR用の消防車モデルに生まれ変わった。

 赤いボディーにサイレンや消防ポンプを積んだ往年の名車は、城下町の狭い路地まで入り込み、火の用心を訴える。愛称は火を見ると足で消す習性があるサイにちなんで「森の消防士・サイくん」。16日午後1時から神戸市役所前で開かれる神戸まつりの「おまつりパレード」でデビューする。

 昨年5月から自動車の板金や整備を学ぶ18〜21歳の学生約30人が「世界遺産のおひざ元で学んだ技術を生かしたい」と企画。狭い路地で活躍できる約45年前のミゼットに目を付け、同市白浜町の古物商の男性が所有する車両を譲り受けた。

 車両の傷みは激しく、作業は難航。しかし、学生らは休み時間も作業場に足を運び、エンジンはピストンやシリンダーなど約80点をすべて分解し、さびとほこりを落として再生させた。壊れた荷台は得意の板金で直し、窓ガラスは新たに切り出した。最後はスプレーで塗装し、約1年かけて完成させたという。

 6日に車検を通過。デビュー後は消防署などの要請でPR活動に出動する。

 車体工学科1年稲田祐太さん(20)は「ボロボロだった車体がきれいになっただけでなく、車検に通った時は、実際に走れるということで本当にうれしかった」と目を輝かせた。

 学生を指導した松田智志・車体工学科長は昨年8月の佐用町の豪雨被害で自宅が床上浸水し、消防団員としては被災地の復旧活動にも汗を流した。松田科長は「自分が被災したことでより防災への思いが強くなった。同じ被災地の神戸で、学生と一緒にミゼットに込めた思いを多くの人に伝えたい」と話していた。

口蹄疫について鳩山首相「大丈夫だ。経済、経営のことはしっかり政府がやるから」(産経新聞)
種牛ショック、宮崎は残り6頭に…口蹄疫(読売新聞)
野良猫訴訟、加藤九段が控訴意向「給餌続けたい」(読売新聞)
<普天間>協議継続で一致 日米外務・防衛の審議官級協議(毎日新聞)
小沢氏3回目聴取 検察、月内にも判断 不起訴なら検審再審査(産経新聞)

着服した金を返すために着服 日本フリーザー元総務部長を逮捕(産経新聞)

 勤務先から約300万円を着服したとして、警視庁本富士署は業務上横領の疑いで、冷凍機器メーカー「日本フリーザー」(東京都文京区)元取締役総務部長、佐藤松男容疑者(68)=埼玉県草加市谷塚町=を逮捕した。同署によると、佐藤容疑者は「前に務めていた会社で使い込んだ金を返すためにやった」などと容疑を認めている。同署は佐藤容疑者が平成16年5月〜18年6月、二十数回にわたり、計約7000万円を着服したとみて調べている。

 逮捕容疑は16年5月、同社の普通預金口座から約1500万円を当座預金口座に移す際、約300万円を自分の口座に入金し、横領したとしている。

 同署によると、佐藤容疑者は5年3月に入社し、経理などを担当。営業実績と帳簿上の金額が合わないことに同社が気付き、不正が発覚した。同社は20年4月に佐藤容疑者を懲戒解雇し、昨年9月に同署へ告訴していた。

【関連記事】
住民納めた税金着服の疑い 大田区元係長逮捕
交番の巡査長、落とし物の財布から1500円横領 落とし主は6歳児
陸上自 旅行積立金着服の自衛官を免職
女性事務職員が約840万円着服 大分・中津市の社会福祉協議会
弁護士が6500万円着服か 家裁が刑事告発検討

酒飲み自転車でひき逃げ、会社員を書類送検(読売新聞)
花田勝氏設立のちゃんこ店破産=負債約5億円−帝国データ(時事通信)
強殺容疑で4人を再逮捕=一家3人殺害−長野県警(時事通信)
普天間移設 政府、5月決着断念へ…徳之島3町長拒否(毎日新聞)
あたご乗組員、包丁所持で逮捕=コンビニ強盗に関与か−京都府警(時事通信)

タクシー襲い、売上金強取=男3人逃走、運転手重傷−警視庁(時事通信)

 23日午前0時45分ごろ、東京都江戸川区北葛西の公衆トイレ前で「首を刺された」と110番があった。警視庁葛西署員らが駆け付けたところ、タクシー運転手の男性(59)が血を流し倒れていた。男3人がタクシーの売上金を奪って逃走したといい、警視庁捜査1課は強盗殺人未遂事件として捜査している。男性は刃物で首と腹を刺されるなどして重傷。
 同課などによると、男3人は葛飾区四つ木付近からタクシーに乗車。7、8キロ先の公衆トイレ前で男性を車内から引きずり出し、襲ったとみられ、車内に血痕はなく、売上金約4万円がなくなっていた。
 男性は自分で110番した。逃走した3人は若者風で、1人は身長約170センチ、髪の毛は茶色だったという。 

情報管理徹底を 米側「怒り心頭」日本政府に厳重抗議(産経新聞)
<酒気帯び運転>病院職員の懲戒免を停職3月に変更 三重県(毎日新聞)
「結果的に口止め料」2・7億円報酬で富士通の野副元社長が会見(産経新聞)
「精神科医療のビジョンを国に提示」―日精協・山崎会長(医療介護CBニュース)
相鉄車掌キセル、駅員5人も不正認識か(読売新聞)

日本人の「空港難民」1万人 苦難をツイッターで実況(J-CASTニュース)

 アイスランドの火山噴火で欧州の航空網がマヒしているあおりを受け、空港で足止めをされている旅行者も多い。

 その中には日本人も多く含まれ、ツイッター上も、足止めの様子が生々しく伝えられている。

■茂木健一郎さん混乱ぶり生々しく伝える

 欧州で足止めをされている日本人旅行者は1万人以上いるとみられているが、脳科学者の茂木健一郎さん(@kenichiromogi)も、そのひとりだ。

 現地の混乱ぶりを、ツイッター上で生々しく伝えている。噴火の時点では、ポーランドの古都・クラカウに滞在していたのだが、

  「ミュンヘン経由なのですが、今のところ大丈夫なようです。でも、風向きなどによって、どうなることか…。」

と、比較的楽観的だった。しかし、ミュンヘンへのフライトが欠航になったことから、

  「空路を諦めて車でドレスデンに移動中」

 と方針転換。12時間かけてタクシーでミュンヘン入りしたものの、ミュンヘン空港からのフライトも欠航になったことを知り、

  「ミュンへン駅のカフェに入り、ネットでいろいろ探索。もうすでにビールを飲んでしまった。いつ祖国に帰れるかわからない亡命者の気分というのはこういうものなのか」

と落胆している。日本時間で4月19日18時過ぎの書き込みでは、

「(運航再開を求める)ルフトハンザとドイツ運輸大臣が喧嘩している。ぼくの運命はどうなるんだろう」

  「ドイツ運輸大臣にとっては、安全が第一なのだそうです」

と、すっかり途方に暮れている様子だ。

 また、茂木さんは

  「知り合いがヨーロッパのいろいろなところで引っかかっている! 自分だけではないと思ったら、なんだかうれしくなった」

 とも綴っている。

■ツイッター上では、関係する情報交換が活発

 実際、ツイッター上では、足止めに関係する情報交換が活発に行われている。例えば、ミラノで行われている家具見本市向けに設定されたハッシュタグ「#salonejp」は、いつの間にか、日本人か欧州の交通情報を交換するためのタグに変貌している。フライトの再開状況が頻繁に流れているほか、

  「ヒースローで足止めの人は、宿にこもってないでロンドンにいっぺん出て来てみるのをおすすめします。ヒースローでは気が滅入るし食物も不味くて精神衛生上よろしくない。公園を歩きましょう」

 といった呼びかけもされている。

 なお、外務省では、4月16日に

  「当該航空会社や関係国の航空当局及び報道等で最新の情報を確認し、可能な移動方法等を余裕をもって検討されることをお勧めします」

 などとする「注意喚起」を行ったほか、

  「大手のツアー客が1万人程度足止めされていることは承知している。この数字には個人旅行客は含まれていないので、引き続き情報収集を行っている。『今、どうなっているんだ』といった趣旨の問い合わせは個々に寄せられているが、大勢の人が困っているという状況は承知していない」(海外邦人安全課)

 と話しており、現段階では深刻な問題は起こっていないとの立場だ。


■関連記事
野口聡一氏「ツイッター」に20万人が殺到 宇宙から見た地球の写真が人気 : 2010/04/17
ツイッターのドメイン  日本企業の取得認めず : 2010/04/06
「ツイッターで歌詞つぶやくと利用料」 JASRACの説明にネットが騒然 : 2010/03/02
Tポイント貯まる Tポイント×Twitterキャンペーン : 2010/03/30
ツイッターは最強の「婚活ツール」となるか? : 2010/04/16

精神医学 裁判員向け初の用語集出版(毎日新聞)
<無賃乗車>JR東海社員が近鉄線で…IC乗車券の記録消す(毎日新聞)
安藤前知事側が上告=宮崎談合・汚職事件(時事通信)
千葉で子ども手当申請開始 市町村対応に追われる(産経新聞)
不明3人か、遺体発見=愛知の資材置き場−放置車遺体と関連捜査・長野県警(時事通信)

定数訴訟判決、また「違憲状態」=衆院選、無効請求は退ける−高松高裁(時事通信)

 昨年8月実施の衆院選小選挙区の定数配分は人口に比例しておらず違憲として、高松市の男性が選挙無効を求めた訴訟の判決が8日、高松高裁であった。杉本正樹裁判長は最大2.3倍だった同選挙の格差を「憲法に反する程度に至っていた」と述べ、違憲状態だったと判断した。選挙無効請求については棄却した。
 昨年の衆院選をめぐる定数訴訟は全国8高裁・支部で計9件起こされ、判決は8例目。東京、名古屋、大阪、広島、福岡の各高裁と福岡高裁那覇支部が「違憲」または「違憲状態」としたが、先月11日の東京高裁の別の裁判体は合憲とし、判断が分かれていた。残り1件の判決は今月27日、札幌高裁で言い渡される。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

ワインの時短テクニック
飲酒運転のクルマ、ショベルカーが逃走を阻止
月山スキー場、これからが本番…積雪8m超(読売新聞)
外国人参政権に反対 市民団体が東京支部(産経新聞)
核密約の虚偽説明を陳謝=外相、横須賀市を訪問(時事通信)

真央・ヨナの靴調整の男性「リンクが解雇権乱用」(読売新聞)

 バンクーバー五輪の女子フィギュアスケート金メダリスト・金妍児(キムヨナ)選手らトップ選手のスケート靴を調整している坂田清治さん(62)が5日、「神奈川スケートリンク」(横浜市神奈川区)の専属インストラクター契約を一方的に打ち切られたとして、運営する「財団法人神奈川体育館」を相手取り、地位保全などを求める仮処分を横浜地裁に申し立てた。

 坂田さんは同リンクで約40人にフィギュアスケートを指導しているほか、スケート靴の調整やブレード(刃)の研磨を手がけている。3月のイタリア・トリノでの世界選手権では、優勝した浅田真央選手の靴も調整した。

 申立書では、坂田さんは、2008年4月以降、契約期間を1年ごとから半年ごととされ、契約内容について、同財団に話し合いを申し入れていた。

 だが、協議が持たれないまま09年3月末に契約が満了。その後もインストラクターを続けてきたが、3月31日、「契約継続の意図がないと判断した」として4月以降の契約打ち切りを通知されたといい、「解雇権の乱用にあたる」としている。

 同法人は「申立書を見ておらず、コメントは差し控えたい」としている。

首相、普天間移設案の期限は「なおさら正しい判断」(産経新聞)
闇サイトを狙い撃ち 警視庁「ネットハンター」発足(産経新聞)
<遣唐使船>中国で進水式 角川財団が上海万博にあわせ建造(毎日新聞)
<犯罪加害者家族>全国調査 3人に1人「うつ傾向」(毎日新聞)
益川塾 京都産業大で初の入塾式 「切磋琢磨を」と激励(毎日新聞)

比例候補、一定割合女性に=共同参画計画で言及検討−政府(時事通信)

 政府の男女共同参画会議(議長・平野博文官房長官)は30日、年末に改定する男女共同参画基本計画に、国政選挙で比例代表候補の一定割合を女性とする「クオータ制」の導入推進を盛り込む方向で検討に入った。女性の政治進出を後押しするのが狙いだが、政府が候補者の男女比を示すことには、野党だけでなく与党からも異論が出そうだ。
 基本計画は5年に1度改定しており、今回の計画期間は2011〜15年度。同会議の専門調査会は近く、同計画のたたき台となる中間整理案をまとめる。 

【関連ニュース】
敏いとう氏を参院選擁立=国民新
参院比例にプロレスラー=国民新
参院比例に保坂氏=社民都連
参院比例に福島県議=民主県連
審議拒否で執行部批判=舛添氏

元光GENJIメンバーに実刑=裁判官「更生を期待」−千葉地裁(時事通信)
<成田空港>着陸のユナイテッド機タイヤから白煙(毎日新聞)
首相動静(4月4日)(時事通信)
小沢幹事長の辞任要求=複数擁立に反発−連合静岡会長(時事通信)
新党結成へ「5人確保」=関係者(時事通信)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。