So-net無料ブログ作成

定数訴訟判決、また「違憲状態」=衆院選、無効請求は退ける−高松高裁(時事通信)

 昨年8月実施の衆院選小選挙区の定数配分は人口に比例しておらず違憲として、高松市の男性が選挙無効を求めた訴訟の判決が8日、高松高裁であった。杉本正樹裁判長は最大2.3倍だった同選挙の格差を「憲法に反する程度に至っていた」と述べ、違憲状態だったと判断した。選挙無効請求については棄却した。
 昨年の衆院選をめぐる定数訴訟は全国8高裁・支部で計9件起こされ、判決は8例目。東京、名古屋、大阪、広島、福岡の各高裁と福岡高裁那覇支部が「違憲」または「違憲状態」としたが、先月11日の東京高裁の別の裁判体は合憲とし、判断が分かれていた。残り1件の判決は今月27日、札幌高裁で言い渡される。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

ワインの時短テクニック
飲酒運転のクルマ、ショベルカーが逃走を阻止
月山スキー場、これからが本番…積雪8m超(読売新聞)
外国人参政権に反対 市民団体が東京支部(産経新聞)
核密約の虚偽説明を陳謝=外相、横須賀市を訪問(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。