So-net無料ブログ作成

国会会期延長問題 仙谷、亀井会談は不発 国対委員長会談も平行線(産経新聞)

 仙谷由人官房長官は10日午前、都内で国民新党の亀井静香郵政改革・金融相と会談し、今国会は延長せず、16日に閉会したいとの菅直人首相の意向を伝えた。調整は付かず、仙谷氏は会談後、「これからどういうように両党で調整していただくかを話した。これからだ」と述べるにとどめた。

 これに先立ち、民主党の樽床伸二国対委員長と、国民新党の下地幹郎国対委員長は10日朝、国会近くのホテルで会談した。

 樽床氏は参院側に会期延長に慎重論が高まっていることを改めて説明した。その上で「延長したとしても郵政法案を通すには強行採決は2回では済まなくなる」と指摘、今国会は16日で閉会し、郵政法案を「秋の臨時国会で最優先で成立させることでどうか」と提案した。

 これに対し下地氏は「連立合意でサインしたはずだ」と反発。「亀井(静香国民党党首)さんは本気だ。連立を離脱するぞ」と述べ、会談は平行線のまま終わった。

 首相は今国会の会期を延長せず、16日に閉会する方針を固めている。これに対し、連立与党の国民新党は郵政改革法案の今国会での成立を求め、会期延長を要求。連立離脱も辞さない構えを強めている。  

【関連記事】
どうなる郵政法案 国会会期・参院選日程に翻弄
郵政改革廃案? 溝深まる2人
「ボロでないうちに選挙だ」政府内で会期延長不要論高まる
郵政労組が法案成立へ“圧力” 亀井氏と歩調、菅首相は板挟み
亀井氏、郵政法案先送り論牽制 「公党間の約束から逃げるなら立候補の資格なし」
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

北海道で震度3(時事通信)
口蹄疫 宮崎県都城市で牛3頭が「疑い」 同市では初(毎日新聞)
鳩山前首相が首相特使で訪中 上海万博へ(産経新聞)
全員参加か 抽出か 学テ再検討会議が初会合(産経新聞)
公開領収書に漫画やマッサージ費=荒井戦略相の事務所費(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。