So-net無料ブログ作成

小型三輪「ミゼット」、赤いボディーで防火PR(読売新聞)

 高度成長期に活躍したダイハツの小型三輪自動車「ミゼット」が、姫路市兼田の日本工科専門学校の学生の手で防火PR用の消防車モデルに生まれ変わった。

 赤いボディーにサイレンや消防ポンプを積んだ往年の名車は、城下町の狭い路地まで入り込み、火の用心を訴える。愛称は火を見ると足で消す習性があるサイにちなんで「森の消防士・サイくん」。16日午後1時から神戸市役所前で開かれる神戸まつりの「おまつりパレード」でデビューする。

 昨年5月から自動車の板金や整備を学ぶ18〜21歳の学生約30人が「世界遺産のおひざ元で学んだ技術を生かしたい」と企画。狭い路地で活躍できる約45年前のミゼットに目を付け、同市白浜町の古物商の男性が所有する車両を譲り受けた。

 車両の傷みは激しく、作業は難航。しかし、学生らは休み時間も作業場に足を運び、エンジンはピストンやシリンダーなど約80点をすべて分解し、さびとほこりを落として再生させた。壊れた荷台は得意の板金で直し、窓ガラスは新たに切り出した。最後はスプレーで塗装し、約1年かけて完成させたという。

 6日に車検を通過。デビュー後は消防署などの要請でPR活動に出動する。

 車体工学科1年稲田祐太さん(20)は「ボロボロだった車体がきれいになっただけでなく、車検に通った時は、実際に走れるということで本当にうれしかった」と目を輝かせた。

 学生を指導した松田智志・車体工学科長は昨年8月の佐用町の豪雨被害で自宅が床上浸水し、消防団員としては被災地の復旧活動にも汗を流した。松田科長は「自分が被災したことでより防災への思いが強くなった。同じ被災地の神戸で、学生と一緒にミゼットに込めた思いを多くの人に伝えたい」と話していた。

口蹄疫について鳩山首相「大丈夫だ。経済、経営のことはしっかり政府がやるから」(産経新聞)
種牛ショック、宮崎は残り6頭に…口蹄疫(読売新聞)
野良猫訴訟、加藤九段が控訴意向「給餌続けたい」(読売新聞)
<普天間>協議継続で一致 日米外務・防衛の審議官級協議(毎日新聞)
小沢氏3回目聴取 検察、月内にも判断 不起訴なら検審再審査(産経新聞)

着服した金を返すために着服 日本フリーザー元総務部長を逮捕(産経新聞)

 勤務先から約300万円を着服したとして、警視庁本富士署は業務上横領の疑いで、冷凍機器メーカー「日本フリーザー」(東京都文京区)元取締役総務部長、佐藤松男容疑者(68)=埼玉県草加市谷塚町=を逮捕した。同署によると、佐藤容疑者は「前に務めていた会社で使い込んだ金を返すためにやった」などと容疑を認めている。同署は佐藤容疑者が平成16年5月〜18年6月、二十数回にわたり、計約7000万円を着服したとみて調べている。

 逮捕容疑は16年5月、同社の普通預金口座から約1500万円を当座預金口座に移す際、約300万円を自分の口座に入金し、横領したとしている。

 同署によると、佐藤容疑者は5年3月に入社し、経理などを担当。営業実績と帳簿上の金額が合わないことに同社が気付き、不正が発覚した。同社は20年4月に佐藤容疑者を懲戒解雇し、昨年9月に同署へ告訴していた。

【関連記事】
住民納めた税金着服の疑い 大田区元係長逮捕
交番の巡査長、落とし物の財布から1500円横領 落とし主は6歳児
陸上自 旅行積立金着服の自衛官を免職
女性事務職員が約840万円着服 大分・中津市の社会福祉協議会
弁護士が6500万円着服か 家裁が刑事告発検討

酒飲み自転車でひき逃げ、会社員を書類送検(読売新聞)
花田勝氏設立のちゃんこ店破産=負債約5億円−帝国データ(時事通信)
強殺容疑で4人を再逮捕=一家3人殺害−長野県警(時事通信)
普天間移設 政府、5月決着断念へ…徳之島3町長拒否(毎日新聞)
あたご乗組員、包丁所持で逮捕=コンビニ強盗に関与か−京都府警(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。